2016年09月30日

今までどうもありがとうございました。

こんにちは、きらりです。

先日、就業中の卒業生たちを訪問しました。

自分に自信がなくて、周りが気になると集中力が途切れてしまう傾向があるAさんの様子を見たら、わき目も振らずにテキパキと動いていてビックリしました。

話を聞いてみたところ、一度着手したら止まることができない作業なので、気持ちを途切れさせる余裕すらないことが、プラスに働いているようでした。

事務所に顔を出してくれたBさん、1年ちょっと前の夏、体験コースに初めてやって来た時は、ぽわーんとしていて、何を聞いても「よく、わかりません」「別に・・・」「・・・」という反応でした。

お喋り上手になったわけではないけれども、その仕事ぶりで、就業先からしっかり信頼されています。同窓会で喋る当番が回って来た時には、「喋りが下手な○○です」と切り出しながらも、しっかり喋っていて驚きました。口数が多くはないけれども、気配りができて雰囲気が良い方ですし、お喋りだって、最初よりは別人のようにコミュニケーションが取れるようになっています。

幾つかの仕事を辞めて、自信をなくしてきらりにやってきたCさん、就業先でもかわいがられて、10月からは正社員です。大きな体に、ニコニコと笑顔を浮かべて、現場で汗をかいて頑張っています。

挨拶周りをすれば「まだまだこの先も、きらりの人を採用したかったなぁ…」と言ってくれるお客様たち。

お付き合いのある方々からの「きらりの人材育成事業は、社会的意義もあるので残念ですが、譲渡先が発展させてくれますよね」と、ありがたいお言葉。

たくさんの優しさに囲まれて、きらりの人材事業はここまでやって来ることができました。

でも、それは、ただただ優しさというゴールとは、少し違っていると思います。

会社さんは、未経験で時間が掛かるかもしれない人材に投資し、覚悟を持って受け容れる。
就業者は、派遣期間は見習いのつもりで、正社員よりも条件が良くないけれど頑張る。
そして私たちきらりは、就業につながるかわからない段階から、若者に無料で研修をする。

人材派遣の説明でいつも登場する、労働者・派遣先・派遣元の3者の三角形。
きらりの事業は、その3者が、自分の短期的な希望だけを前面に押し出すのではなくて、それぞれが長期的に考えて、少しずつ負担を覚悟して持ち寄る。
そういう、“お互い様”な関係のなかで、みんながWINであることを目指す構造になっています。

「採用に苦労していたけれど、将来にわたって活躍してくれそうな若者を採用できて本当に嬉しい」
「きらりがあるから今の自分があります。本当にありがとうございます」

そんな、企業様・卒業生の両方からいただく光栄な言葉は、この特別な三角形から生まれました。

発展半ばで手放すことを申し訳無く思いつつ、信頼できるパートナーに、この事業を委ねられることを幸運に思っています。

この事業に携わって、何より嬉しかったのは、人の成長を、その可能性の大きさを実感できたことです。

私どもも力不足で、すべての研修生の正社員化までご支援できたわけではありません。
それでも、たとえば一社目でうまく行かなくて、自信を無くして研修に戻って来た方が、次のチャレンジで正社員になったことも多数あります。

30歳を越えて、10年に渡るブランクと、アルバイトすら未経験の過去から、研修に来て、就業していくことは、どれほど勇気が要ることでしょう。

安心できる研修の場から、知らない人しかいない就業先へと移っていくのは、さぞ不安も大きかったことでしょう。

そんな状況から、たくさんの若者が、勇気を出して一歩踏み出して、私たちが想像する以上の頑張りを見せてくれました。

「随分残業が多いみたいだけど、大丈夫?」と尋ねると、
「確かに忙しいけど、大丈夫です。最初の1カ月はほんとにしんどかったですけど。笑。」

はじめて研修に来たときは、ひょろりと頼りなかった若者や、叱られるとすぐに泣いていた若者たちが見せてくれた成長の姿は、いつも私たちに勇気をくれました。

卒業生たちの中には、引きこもっていた経歴がある方もたくさんいます。周りから見たら、のんびりゲームをしているように見えてしまうその時間も、本人の中では、たくさんの不安や焦り、絶望を抱えた苦しい時間だったと後から話してくれます。

空白期間があったり、過去の失敗に引きずられて人間関係に臆病になっている、そんな若者の表面的なぎこちなさや不愛想の下に、たくさんの可能性が眠っているのだと思います。

ひとりでも多く、そういう若者たちが一歩踏み出し、笑顔を見せられる日が来る。そして彼らが本当に力を発揮することで、たくさんの企業が助けられる。そんな循環がもっとたくさんまわって、再スタートがしやすい雰囲気がもっともっと広がっていくことを願っています。

私たちきらりは本当に小さくて、広い世界から見たら、背中を押せた若者たちもほんの少しかもしれません。けれど、微力でも、これまでに無かった新しいカタチを産み出せたことを誇りに思っています。

どうかこの先、このバトンを受け取って下さったワークエントリーの皆さまが、この種を育て、花開かせてくれますように。

長くなってしまって、すみません。

今まできらり人材育成事業を応援してくださったすべての方に、心からお礼申し上げます。

本当に、本当にありがとうございました。

※Aさん、Bさんは、匿名のため仮に当てているアルファベットです。

※きらりと、ワークエントリーさん、両方の想いを、ホームページに掲載いたしました。ご覧いただけたら嬉しいです。
http://www.kirari-mc.jp/
posted by kirari at 21:02| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

きらりは本店移転&人材事業譲渡することになりました。

随分久しぶりの更新になってしまい、申し訳ありません。

-----

株式会社きらりは、平成28年10月1日より、埼玉県に移転いたします。

また、これまで川崎本社にて営んで参りました人材育成事業につきましては、同日をもちまして、株式会社ワークエントリーに事業譲渡いたします。

人材育成事業におきましては、多くの方にご支援、ご愛顧いただき、地域に根差した成長を続けることができました。企業の方々からもご好評いただき、最近では求人のご要望も右肩上がりに増えて参りました。

社会経験が少ない若者を、丁寧な育成研修と、派遣契約期間の定着支援を経て正社員化していく弊社の取り組みは、他に例を見ない具体的な出口につながる民間就労支援として、関係団体の方々からも高くご評価いただいておりました。

今後、人材育成事業の継続とより一層の発展を期すために、株式会社ワークエントリーに、本事業を譲渡することといたしました。

ワークエントリーは、10年以上に渡り群馬県のジョブカフェ事業を運営するなど、若者就労支援において確かな実績を有しております。

これまで私たちきらりと、ワークエントリーは、人材育成や製造業への想いについて意見交換を重ね、人材育成事業を引き継いでいただくのに最適な、信頼できるパートナーであることを確信し、事業譲渡契約締結にいたりました。

ワークエントリーでは今後、川崎での本格稼働の準備を進め、来夏の研修再開を目指しています。事業譲渡の後は、株式会社ワークエントリーに対し、変わらぬご愛顧を賜りますよう、なにとぞ宜しくお願い申し上げます。

長年にわたり、川崎でのきらりを様々にご支援いただき、本当にありがとうございました。

おかげさまで、株式会社きらりは、この10月には節目となる10期目を迎え、フィリピン理工系大との提携による海外エンジニアの育成紹介事業、各種機能キャビネットの開発製造販売事業を中核事業として、心新たに尽力して参ります。

今後につきましてもご指導ご鞭撻を賜りますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

-----

これまで週2〜3回更新してきたきらりブログですが、中の人がバタバタしているうちに、どんどん時間が過ぎてしまい、楽しみにしてくださった方々もいるのに、本当に申し訳ございません。

Cさんが溶接を体験したこととか、3人が卒業して、新しく就業を始めたこととか、同窓会のこととか、書きたいことがたくさんあったのですが…。せっかく写真撮っておいたのですが…。

この9月末には、5人が派遣社員から正社員に切り替わります。
正社員になってからが新しいスタートですが、やはり、正社員はみんなにとっての目標でもあるので、正社員化が決まると、ホッとします。

きらりは川崎から引越してしまいますが、きらりの卒業生は川崎や横浜、大田区など、それぞれの場所でこれからも活躍していきます。

微力ですが、そして何より、みなさん自身が頑張った結果ですが、私たちが川崎で蒔いた種が、すくすく育っていくようで、卒業生の近況を聞くたびに嬉しくなります。

最近、就業したばかりの卒業生もいるので、引き続き、ワークエントリーさんと見守っていきたいと思います。
posted by kirari at 17:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ものづくり研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

一瞬の女子率UP!

20160711.jpg

こんにちは、きらりです。
先週の体験コースには4名の方が参加されました。

そして、なんとそのうち3名の方が女性でした!
きらり史上最多かも!!!

きらり研修は男女問わず歓迎していますが、現状、やはり男性比率が高いです。体験コースでも、女性が2名いらっしゃることはまれです。

でも、実は体験コースは女性の方が得意なことも多いです。できあがったストラップも色とりどりで可愛く仕上がりました。

20160711-2.jpg

今回参加された方々は、サポステに通い始めたばかりの方ばかりで、これから様々なセミナーなどを受けてみるということでした。きらり含めて、いろいろな可能性を見比べて、納得できる選択につながると良いなと思います。

ご参加ありがとうございました☆

posted by kirari at 10:55| 神奈川 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 初級・体験コース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする